20年以上にわたってtpeヨガマットを開発してきた専門家。

言語
業界情報
VR

トレーニングに最適なダンベルのトップタイプ

9月 24, 2023

ダンベルはもはや筋力トレーニングのみを目的とした運動ツールとは見なされません。今日の市場では、さまざまなワークアウト ルーチンに対応した多種多様なダンベルが入手可能であり、それぞれがルーチンの成功に大きな影響を与えます。それぞれの種類のダンベルには長所と短所があるため、消費者が全体的なフィットネス目標を達成するには、正しいバージョンを選択することが重要です。トレーニングに最適なダンベルのトップタイプについて詳しく知りたい方は、読み続けてください。

ダンベルの世界市場価値

近年、消費者の間で家庭用フィットネス機器に対する需要が高まっており、ダンベルは家庭で使用でき、使用しないときは保管できるほど小さいため、ダンベルの市場価値の上昇に大きく貢献しています。消費者が忙しいライフスタイルを送っているため、フィットネス習慣を維持するのは難しい場合がありますが、ジムの代わりにダンベルを自宅に置くことで、自分のスケジュールに合わせてトレーニングすることができます。また、ダンベルは筋力トレーニング以外のエクササイズにも使用できるため、多くの消費者にとって多用途の選択肢となっています。

しかし、ダンベルは依然としてジムで頻繁に使用されており、消費者が選択できるトレーニング用のダンベルは数多くの種類があり、この種のフィットネス機器はここ数十年に比べてはるかに魅力的になっています。 2022 年までに、フィットネス機器の世界全体の市場価値は 160 億 4,000 万米ドルに達し、2023 年から 2030 年にかけて、その数字は少なくとも 5.3% の年間平均成長率 (CAGR) で増加すると予測されています。特にダンベルは少なくとも 2.41% の CAGR が見込まれます 2025年まで。

ワークアウトで考慮すべきダンベルの種類

ダンベルの人気が日に日に高まっているため、さまざまなトレーニングルーチンや個人の好みに合わせた、さまざまなダンベルが市場で入手可能になっています。ダンベルの中には純粋に筋力トレーニングのために設計されたものもありますが、軽いトレーニングやヨガ、バランスルーチンに使用できるものもあります。 

Google 広告によると、「ダンベル」という単語の月間平均検索ボリュームは 100 万件です。このうち、ダンベルの種類で最も検索されているのは「調節可能なダンベル」で、月間検索数は 201,000 件です。次いで、「六角ダンベル」が 9,900 件、「ゴム製ダンベル」が 8,100 件、「鋳鉄ダンベル」と「ネオプレン ダンベル」がともに 3,600 件で続きます。これは、消費者がより使いやすく、保管時のスペースを最小限に抑え、コストを節約するために調整できるダンベルを求めていることを示しています。トレーニング用のこれらの各タイプのダンベルについて詳しく知るには、読み続けてください。

調節可能なダンベル

調整可能なダンベルは、床にあまり収納スペースがない家庭やジムの両方に最適な省スペースのエクササイズ器具として消費者の間で非常に人気があります。アジャスタブルダンベルの最大の特徴は、使用する人の体力レベルに合わせて簡単に重量を変更できることです。これは、ユーザーが使用する別のダンベルやプレートを追加する必要がなく、同じダンベルを使用するだけで、ダイヤルまたは同様のシステムを使用して負荷レベルを調整できることを意味します。

調整可能なダンベルは非常に汎用性が高く、コンパクトなデザインなので、消費者は複数のダンベルを 1 つのペアに置き換えることができ、コスト効率も高くなります。ロック機構も内蔵されているので、ウェイトが動き回って怪我をすることはありません。ほとんどのダンベルと同様に、調節可能なダンベルも耐久性を考慮して作られており、長期間の使用や持ち上げに耐える高品質の素材で作られています。 

六角ダンベル

筋力トレーニング用のダンベルの最も人気のあるタイプの 1 つは、六角形のダンベルです。これらの 6 面ダンベルはヘックス ダンベルとも呼ばれ、地面に置いたときにダンベルが転がらないように安全性を強化して設計されています。さまざまな重量の製品があるため、ジムの筋力トレーニングエリアに並べられているのを見かけることも珍しくありません。また、ラックにない場合でも、六角形の形状のおかげで簡単に積み重ねることができます。 

六角形のダンベルは主に筋力トレーニングに使用されるため、通常は鋳鉄などの素材で非常に耐久性に作られているか、長期間の継続的な使用に耐えられるようにゴムで覆われています。グリップも手の疲労を最小限に抑え、手が滑らないように設計されています。全体として、六角形のダンベルは手頃な価格で多用途であり、組み立てが不要でメンテナンスも最小限で済むため、ウェイトトレーニングに最適な投資です。

ゴム製ダンベル

ゴム製ダンベルは、筋力トレーニングに人気があり、よく好まれるタイプのダンベルです。これらのゴムコーティングされたダンベルは、消費者が鋳鉄製のダンベルでは得られないいくつかの利点を提供します。たとえば、ゴムコーティングは重量全体を覆い、重量を腐食や錆から保護します。これは、この現象が最も起こりやすい湿気の多い気候で特に有益です。また、重量が突然落ちた場合の床の保護や、ダンベルを硬い表面に置いた場合の騒音低減にも役立ちます。 

使用するラバーダンベルの種類に応じて、ハンドルがラバーコーティングで覆われている場合と覆われていない場合がありますが、どちらの場合もハンドルは手のグリップを最大限に高めるように設計されています。これらの重要な機能に加えて、多くの消費者はゴム製ダンベルの色のオプションを楽しんでおり、ワークアウトルーチンを計画する際に識別しやすくなっており、六角形や円形などのさまざまな形状が用意されています。

鋳鉄製ダンベル

鋳鉄製ダンベルは、特に高重量を持ち上げることを目的とする消費者の間で筋力トレーニングに広く使用されている古典的なタイプのダンベルです。これらのダンベルは頑丈な鉄で作られているため、非常に耐久性があり、長期間の使用に耐えることができます。これらのダンベルの伝統的なデザインは、消費者の間で魅力的なものとなっており、円形または六角形のデザインで、ウェイトの間にまっすぐなハンドルが付いています。各ダンベルにはゴムやネオプレンのコーティングが追加されていないため、重量を考慮して正確に鋳造されています。

鋳鉄製のダンベルは筋力トレーニングに集中したい消費者に非常に人気がありますが、頑丈な鋳鉄製のデザインのため、落としたときに怪我をする可能性が高いため、通常はヨガなどのアクティビティには使用されません。

ネオプレンダンベル

ネオプレン ダンベルはゴム製ダンベルにかなり似ていますが、一部の消費者はトレーニング時にこの素材を使用することを好みます。ネオプレン コーティングはウェイト自体を保護するのに役立ち、同時にクッション性のある表面によりユーザーに快適なグリップを提供します。 ネオプレンはお手入れが非常に簡単なので、ネオプレン ウェイトは家庭用でも大規模なジムでも衛生的なオプションです。

ネオプレンは、時間が経っても柔軟性を維持でき、繰り返し使用しても亀裂が入りにくいため、ゴムの代替品として人気があります。天然ゴムラテックスにアレルギーのある消費者にとっても良い選択肢です。ゴム製ダンベルと同様に、ネオプレン ダンベルもさまざまな鮮やかな色が用意されているため、消費者は必要な重量をより効率的に見つけることができます。 

結論

ワークアウト用のトップタイプのダンベルは、さまざまなフィットネスレベルの消費者向けに幅広いオプションをカバーしています。場合によっては、特に重量物を持ち上げる場合、鋳鉄製のダンベルが人気の選択肢になりますが、スペースが限られている場合やコストが問題となる場合には、六角形のダンベルや調整可能なダンベルなどのバージョンのダンベルがより良い代替品となる場合もあります。 

ヨガ、最小限の筋力トレーニング、さらにはリハビリテーションなどのアクティビティに重点を置いている消費者は、安全性を考慮して設計されたゴム製またはネオプレン製のダンベルを検討するとよいでしょう。ダンベルは、世界中でフィットネス器具の人気の選択肢であり続けており、消費者が自宅でもジムでも全体的な健康をより重視するにつれて、その人気は高まるばかりです。

基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --

お問い合わせを送ってください

別添:
    別の言語を選択してください
    English
    한국어
    日本語
    русский
    français
    Deutsch
    Español
    Português
    現在の言語:日本語