20年以上にわたってtpeヨガマットを開発してきた専門家。

言語
ニュース
VR

2023 年のワークアウトに最適な布製レジスタンス バンド

9月 19, 2023

今日の社会には、消費者がフィットネスの旅を助けるために選択できるジム用アクセサリーやツールが膨大にあります。 布製抵抗バンドは、さまざまな消費者が使用できる定番のトレーニング アクセサリーとなっており、多くの利点をもたらします。これらの生地抵抗バンドの機能について詳しく知るには、読み続けてください。

布製抵抗バンドとは何ですか?

布地抵抗バンドは綿やポリエステルなどの柔らかく伸縮性のある素材でできており、内側に滑り止め層が付いているので、足の周りに装着する際に役立ちます。エクササイズ中の抵抗を高めるように設計されており、使用する人のレベルに応じて簡単に調整できます。従来の抵抗バンドはゴムまたはラテックスでできていますが、肌に不快感を与えることが多く、使用中に束ねる傾向がありました。

消費者が布製抵抗バンドを気に入っているのは、その多用途性です。非常に安価なフィットネス アクセサリーであり、バッグの中でも比較的場所をとりません。これらのバンドは、特定の筋肉を働かせ、ワークアウト中の特定の動きに対する追加の抵抗を提供するのに役立ちます。 

布製抵抗バンドは、脚と臀筋のトレーニングに頻繁に使用されます。また、チェストプレスなどの上半身のエクササイズ、ランジやスクワットの筋力トレーニング、ヨガやピラティスの際、股関節の可動性の運動にも使用でき、怪我の予防に役立ちます。また、小さいサイズなので旅行にも最適です。 。

抵抗帯の世界市場価値

レジスタンスバンドはワークアウトに欠かせないアクセサリーとなっており、消費者がワークアウト中に張力を生み出し、使用するバンドの種類に応じて張力を調整できるため、高価なウェイトの代替品として急速に人気が高まっています。

2020年から2027年にかけて、レジスタンスバンドの年間複合成長率(CAGR)は約12.25%増加すると予想されており、これにより世界全体の市場価値は10年以内に17億4,000万米ドルに達すると予想されています。売上を牽引しているのは北米だが、人口増加の増加と若い消費者がエクササイズをし、新しいヨガの必需品を探しているため、アジア太平洋地域も世界のこの地域に匹敵し始めている。 

ワークアウトに最適な生地製抵抗バンド

レジスタンスバンドは単純なフィットネスアクセサリーのように見えるかもしれませんが、それは真実から遠く離れています。消費者のニーズに応じて、さまざまな異なる布地抵抗バンドが利用可能ですが、すべてが同じ長さであったり、他のものと同じ張力を提供するわけではありません。 

Google 広告を通じて生成された月間平均検索数に基づくと、「ブーティ バンド」と「パワー バンド」がそれぞれ 27,100 件の検索でトップとなり、次いで「セラピー バンド」が 14,800 件、「ミニ バンド」が 5,400 件、「ピラティス バンド」が続きます。 4400 回の検索で「ロングバンド」、1600 回の検索で「ロングバンド」、1000 回の検索で「全身抵抗バンド」、590 回の検索で「抵抗ストラップ」、70 回の検索で「可変抵抗バンド」。これらの検索結果は、布地抵抗バンドが高負荷の用途に使用されていることを示しています。 - 強度の高いトレーニング セッションと集中的なワークアウトは、消費者の間で最も需要が高いものです。 

ピラティスバンド

ピラティス バンドは、ピラティスやヨガの動きを念頭に置いて特別にデザインされています。足や腕に着けやすい円形にデザインされており、肌への刺激が少なく快適で柔らかい素材で作られています。ピラティス バンドはかなり軽い抵抗を提供するため、消費者は体幹や特定の筋肉群を鍛えて動きをコントロールできます。

ロングバンド

長い抵抗バンドは消費者の間で非常に人気があります。他のレジスタンスバンドよりも長さが長く、滑りにくいデザインにより、より長く、よりハードなトレーニングを可能にします。これらのバンドは、全身トレーニングや特定の領域のトレーニングに使用できます。ショルダープレス、サイドベンド、上腕二頭筋カール、レッグリフトなどのエクササイズは、ロングバンドの使用方法のほんの一部ですが、ストレッチや体幹トレーニングも忘れないでください。 

ミニバンド

ロングレジスタンスバンドはあらゆるフィットネスレベルの消費者に完全な多用途性を提供しますが、ミニバンドは下半身をターゲットにし、ダイナミックなウォームアップを支援するように設計されています。ループ状のデザインにより、太ももや足首などの部位にフィットしやすく、軽度から中程度の抵抗で特定の部位に負担をかけずに快適に着用できます。

パワーバンド

名前が示すように、パワーバンドは激しい強度を念頭に置いて設計されています。これらのバンドは抵抗レベルが高いため、他のタイプの布製抵抗バンドよりも重い重量に耐えることができるため、適度な幅で張力をより適切に分散し、懸垂をより効果的に補助できるため、高度な筋力トレーニングに最適なオプションとなります。トレーニング用に。

セラピーバンド

セラピーバンドはリハビリテーションを念頭に置いて設計されており、ジムで行われるよりも制御されたより穏やかなエクササイズで使用することを目的としています。低抵抗レベルは関節や筋肉に優しいため、使用者はゆっくりと制御された動きに集中でき、可動性と安定性が向上します。 

抵抗ストラップ

抵抗ストラップは抵抗バンドと同様の機能を提供しますが、見た目は少し異なります。これらのストラップには、握りやすいように両端にハンドルまたはループが付いています。多くの場合、長さが調整可能で、主にカール、上腕三頭筋エクステンション、プレスなどの最も一般的に行われるエクササイズで上半身をターゲットにするように設計されています。 

全身抵抗バンド

トレーニングで定期的にレジスタンス バンドを使用する予定の消費者にとって、全身レジスタンス バンドは完璧なオプションです。このタイプのレジスタンスバンドは、体全体のさまざまな筋肉群をターゲットにするために使用でき、1 つの焦点のみを念頭に置いて設計されているわけではありません。バンドの抵抗は持ち方を変えることで簡単に調整でき、耐久性のある弾力性により、消費者にとっても長期的には優れた投資となります。

可変抵抗バンド

可変抵抗バンドのユニークな点は、消費者が別のバンドに切り替えることなく、バンド自体に沿って抵抗を変更できるという事実です。これらのバンドはさまざまな異なる抵抗レベルを提供し、消費者が機能的な動きだけでなくあらゆる動きを提供しながらトレーニングをカスタマイズできるようにします。

戦利品バンド

戦利品レジスタンスバンドは、より引き締まった強力な戦利品を作成することを目的として、臀部と臀部をターゲットにするために特別に設計されています。幅広のバンドにより臀部の効果的な働きが可能になり、生地素材により肌への快適性が向上し、運動中に落ちる可能性が低くなります。このタイプのレジスタンスバンドが最もよく使用されるのは、スクワット、ランジ、横方向の動き、ヒップスラスト、ヒップアブダクションなどのエクササイズです。これらのバンドはターゲットを絞った抵抗を提供し、消費者がフィットネス レベルに応じてさまざまな張力から選択できます。 

結論 

布製抵抗バンドの人気はここ数年で大幅に高まり、通常のゴム製抵抗バンドよりも急速に人気が高まっています。トレーニング中の抵抗を高めるために使用され、より多くの緊張がトレーニングや回復に有益なさまざまな筋肉群をターゲットにするために使用できます。脚、臀部、上半身、腰をターゲットにするために使用でき、筋力トレーニング、ヨガ、ピラティス、さらにはリハビリテーション プログラムでも頻繁に使用されます。ワークアウト用の布製抵抗バンドは非常に多用途でコスト効率が高いため、需要が高まっています。

基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --

お問い合わせを送ってください

別添:
    別の言語を選択してください
    English
    한국어
    日本語
    русский
    français
    Deutsch
    Español
    Português
    現在の言語:日本語